Menu

介護サービス

Home
【介護サービス】奈良県生駒市 介護事リハビリ いこいの家ケアセンター ライフケア創合研究所
「住み慣れた家で大好きな家族と安心して過ごしたい」
そんなあたりまえの願いを少しでも叶えることが出来るように、私たちは、ご利用者様、ご家族様の生活・療養・リハビリのサポート通して、楽しく幸せな人生をお過ごしいただけるよう願っております。
お気軽にお電話、メールにてご相談下さい。

こんな時は、悩まずにご相談下さい!

・誰に聞いたらいいの?こんなこと聞いてもいいのかしら?こんな時どうしたらいいの?・・・
・病院を退院することが決まったけれど家族だけで大丈夫かしら・・・
・病気や障害を持っていても自宅で暮らしたい。でもやっていけるか不安・・・
・介護保険サービスを使いたいけれど、どうしたらいいの?・・・
・自宅でリハビリをしてほしい・・・
・福祉用具の使い方や選び方を知りたい・・・
・一生懸命介護をしているけれど、本人にもよくて自分にも楽な介護の方法を知りたい・・・

※ご相談は曜日にかかわらず、随時受付ております。
 TEL 0743-70-8300

利用者様との関わり

訪問介護(いこいの家 訪問介護ステーション&リハビリ)

■病状の観察と助言
体温・脈拍・血圧・呼吸の測定

■医療処置・・・医師の指示により行います
吸引、呼吸管理、在宅酸素管理、輸液管理、留置カテーテル管理、胃ろう管理、床ずれ、傷の処置及び管理

■リハビリテーション
日常生活動作訓練、関節の拘縮予防、住環境の整備、筋力アップトレーニング、介助方法の指導、福祉用具の選定の助言

■療養生活の指導と援助
療養環境の整備と助言、栄養管理、床ずれの予防、全身(部分)清拭、洗髪、入浴介助、排泄の援助とコントロール

■在宅終末期看護
※この他にも各種相談、助言を行っております。お気軽にご相談ください。

奈良県では、訪問看護ステーションからの訪問リハビリ(通称訪看72)は、看護師と理学療法士等とが1対1以上で訪問を行わなければならないと規定されております。
従いまして、誠に申し訳ございませんが、訪問リハビリのみのご利用の希望に沿うことができませんが(一部医療保険適用、自費は除く)、いこいの家訪問看護ステーションでは、看護・リハビリの両面からより総合的なサポートをご提供させて頂いております。

ケアプランセンター(いこいの家 ケアプランセンター)

介護保険代行申請、ケアプラン作成
適正なサービス利用へのサポート等、介護保険全般のご相談

看護師・理学療法士・介護福祉士・ホームヘルパー等の様々な基礎ライセンスを持ったケアマネージャーが、ご利用者様の将来を創造するお手伝いをさせていただきます。
個別担当制に加えセンター内での総合カンファレンスも随時実施して、急激な状況変化にも可能な限り迅速かつ的確に対応させていただけるよう心がけております。

ヘルパーステーション(いこいの家 ヘルパーステーション)

■病状の観察と助言
体温・脈拍・血圧・呼吸の測定

■身体介護
排泄介助、入浴介助、整容介助、食事介助、身体の清拭など

■生活援助
生活リハビリ型ヘルパー

※その他介護保険適用外のサービスもございます(自費負担)

いこいの家ヘルパーステーションでは、看護師、理学療法士等の医療系ライセンスを持ったスタッフもホームヘルパーとして、介護の現場にでておりますので、ご利用者様の生活を福祉・医療の両方の視点から観察しサポート出来る体制をとなっております。
(医療的なサポートは訪問看護ステーションが行います)

在宅介護の基本は、ホームヘルパーがご本人やご家族の陰となってサポートすることです。ホームヘルパーのライセンスにおける知識・技術はもちろん、現場での多くの経験の蓄積と状態を予測する能力が必要となります。

いこいの家ヘルパーステーションでは、新人教育はもちろん、スキルアップ講習会の実施、症例検討会の開催等スタッフのスキルアップ・質の向上を心がけております。

福祉用具(いこいの家 自助具工房)

福祉用具販売、福祉用具レンタル、住宅改修
介護保険の目的は、ケアスタッフによるご利用者様、ご家族様の自立支援ですが、人的なサポートだけでは根本的な解決にはつながりません。
「なにが出来て・なにが出来ないのか」「なにが必要で・なにが必要でないのか」を見つけだし、ケアによって生まれた隙間に、福祉用具、住宅改修を埋め込むことによって、生活に余裕が生まれるのではないかと思います。

保険適応で負担が少ないからという理由ではなく、「本当に必要だから使っていただく」「自立に繋がらないからお断りする」そういった選択や決断が本当は大切なのではないかと考えています。

いこいの家自助具工房では、その方の「出来ること」と「出来ないこと」を事前に調査し、「今」ではなく、5年後・10年後の生活を想定して福祉用具の提供、住宅改修のアドバイスを行っております。

福祉用具事業者の本来の仕事は、品物を納めることではなく、使っていただくことですから、簡単で、楽にお使いいただける商品をお探しするとともに、個々の身体状態、介護能力にあった、器具の設定、介助方法の説明等も行っております。

義肢・装具のフィッテングや歩行・姿勢に関するアドバイスも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
(より専門的な部分は訪問看護ステーションより理学療法士等が提供いたします)